今年8月、文部科学大臣からの医学部新設への認可を受けた国際医療福祉大学は、学生を受け入れるための環境整備を進めている。国内で82番目となる医学部を開学する同大学は、どのような教育を行い、どのような医師の養成を目指しているのか。同大学総長の矢崎義雄氏と副医学部長予定者の吉田素文氏に展望を聞いた(記事中、敬称略)。

国際化をスローガンに医学教育を変革したいの画像

ログインして全文を読む