我が国の女性アスリートの多くが、月経異常、月経困難症など婦人科領域の問題を抱えている──。4年前、この現状を明らかにした能瀬さやか氏は、独自の研究結果を基に女性アスリートや指導者への啓発を進め、リオデジャネイロ・オリンピック、パラリンピック選手たちを支えた。(本文中敬称略)

女性アスリートの活躍を陰で支えるの画像

ログインして全文を読む