日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎ワクチン最前線2016
百日咳ワクチンの追加接種が必要な理由
福岡歯科大学小児科教授の岡田賢司氏に聞く

 早ければ来年にも、10歳代以降の百日咳の発症抑制を狙い、11~12歳に定期接種されているジフテリアと破傷風の二種混合ワクチン(DT)に百日咳ワクチンが追加されそうだ。ただし、そうなっても欧米に比べて百日咳ワクチンの接種回数は1回少ない。ワクチンの有効活用に不可欠な実態把握に向けた取り組みなどを、福岡歯科大学小児科教授の岡田賢司氏に聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ