日経メディカルのロゴ画像

トレンドビュー◎カシオのダーモスコピー学習用サービス「CeMDS」
Webでダーモスコピーのいろはを学ぼう

 メラノーマと色素細胞母斑(いわゆるホクロ)の鑑別などに有用で、2006年に保険適用、2008年の診療報酬改定では保険点数が大幅にアップし、今や皮膚科医の半数は保有していると言われているダーモスコピー。しかし、実際にはダーモスコピー像を見ても疾患の鑑別に役立てるのが難しく、十分に活用されていないとの指摘もある。

 その原因は効果的な学習機会が少ないことにある。こうした中、カシオ計算機がダーモスコピー学習用のwebサービス「CeMDS」を開発。2015年末から本格的に公開を開始した。このサービス、どんな特徴があるのだろうか。


この記事を読んでいる人におすすめ