日経メディカルのロゴ画像

リポート◎進化する心臓ペーシングデバイス
血管内にリード入れない植え込み型除細動器
深刻なリードトラブルから解放、将来は主流に?

 リード(電極)を血管内に留置しない「完全皮下植え込み型除細動器」(subcutaneous ICD;S-ICD)が、我が国でも使えるようになった。従来型のデバイスで問題となっていた、リードの血管内留置に伴うトラブルから解放されることが大きなセールスポイントだ。まだいくつか解決すべき点はあるものの、近い将来S-ICDが主流になると期待されている。


この記事を読んでいる人におすすめ