日経メディカルのロゴ画像

ケーススタディ◎広島赤十字・原爆病院の被曝対策
医療者の被曝リスクはこう減らす
造影時の放射線防護具で散乱線を50分の1に低減

 現代医療において放射線は、診断や治療に欠かせない。その利用拡大に伴い、医療者の放射線被曝量をいかに減らすかも大きな課題となっている。増える女性医師を支援する環境づくりも意図して、低減策に取り組む事例を紹介する。

この記事を読んでいる人におすすめ