日経メディカルのロゴ画像

ニュース追跡◎人間ドック学会“基準範囲”騒動の顛末
「健診基準が変わる」報道で診療現場も混乱
不信を抱く患者には根気強く説明を

 今年4月、日本人間ドック学会健康保険連合会は、「新たな健診の基本検査の基準範囲 日本人間ドック学会と健保連による150万人のメガスタディー」を発表した。この報告書の内容を取り上げ、「健康基準を緩和」「『健康』基準広げます」といった見出しが、新聞や週刊誌に大きく踊ったことは記憶に新しい。

 こうした報道の多くは、健康診断人間ドックで「異常なし」とする値が広がると伝えるものだった。その結果、治療を受けている高LDLコレステロール(LDL-C)血症高血圧症の患者が、医師の治療方針や処方薬の量に疑問や異議を唱えたり、治療を拒否するという事態も生じている。

 実際、日経メディカル Online医師会員を対象に、一連の報道による影響を調査したところ、回答者1004人のうち33.1%が健康診断の“基準範囲”に関する報道により「影響を受けた患者がいた」と答えていた(図1)。

この記事を読んでいる人におすすめ