日経メディカルのロゴ画像

リポート◎過小評価される患者の疼痛
患者の痛み、聞き出せていますか?
“除痛率”を大幅に高めた問診と記録の工夫とは

「痛みの適切な評価が、疼痛治療を大きく変えた」と話す青森県立中央病院の吉田茂昭氏。

 「この患者は痛がりで大げさに言うから」「問診で痛いと言っていなかったから」――。そんな理由を付けて、患者の痛みを過小評価していないだろうか。青森県立中央病院(青森市)で、患者に痛みの有無を徹底的に聞き出し、適切に評価する新たな取り組みが始まっている。

 この取り組みによって、「医師や看護師の痛みに対する関心が薄いことを改めて感じさせられた。痛みの適切な評価は、当院の疼痛治療を大きく変えた」と話すのは同病院院長の吉田茂昭氏だ。

 緩和ケアに詳しい医療従事者が少ない青森で、患者の痛みを少しでも減らすにはどうすればよいかと考えた吉田氏。専門のスタッフだけではなく、全ての診療科の医師や看護師が早期から適切に介入すれば患者のQOLがさらに改善できるのではないかと考え、「病院全体を挙げて取り組むと決断した」と言う。

癌患者の半数が痛みを抱えている

 この取り組みは厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「がん性疼痛治療の施設成績を評価する指標の妥当性を検証する研究」(主任研究者:国立がん研究センター中央病院緩和医療科科長の的場元弘氏)の一環として実施したものだ。

 同研究ではまず、2012年5月22日~10月26日までの期間に青森県立中央病院に入院した癌患者1171人を対象に、痛みの有無の調査を実施。すると501人(42.8%)と半数近くの患者が痛みを抱えていることが示された。

 このうち、入院時に鎮痛薬が処方されていた患者252人(21.5%)が「痛みでできないことや困っていることがある」と答え、痛みがあると答えた患者の半数が生活に影響を与えるほどの強い痛みを抱えていることも明らかになった。

 さらに、入院時に「痛みがある」「鎮痛薬を飲んでいる」と答えた同病院の患者416人を対象に、処方されている鎮痛薬が痛みの程度に合っているかどうかを疼痛管理指標(PMI)を用いて検証した。すると、強い痛みがあるにもかかわらず、鎮痛薬が処方されていない患者が57人(13.7%)に上ることが判明。78人(18.7%)は、強い痛みがあるにもかかわらずアセトアミノフェンやNSAIDsなどの鎮痛作用の弱い薬剤が処方されていたことが明らかになった。

 これらはあくまで、医師や看護師が痛みに対して適切な治療や処置をしていると信じて取り組んできた状況での結果だ。つまり、これまで医師や看護師が実施してきた疼痛治療が不十分であり、見直す必要がある可能性を示唆しているといえる。

この記事を読んでいる人におすすめ