日経メディカルのロゴ画像

高齢者救急で成果上げる八王子市
「八高連」の何がすごいのか?
救急隊の搬送時間が短縮

 今や国内の救急医療の“主役”は高齢者だ。小児や成人の救急搬送数が減少傾向にあるのに対し、65歳以上の高齢者の救急搬送数は年々増加している。総務省消防庁が発表する「救急救助の現況」によれば、2012年の高齢者の救急搬送数は約279万件に達し、小児・成人の約246万件を大きく上回った。

この記事を読んでいる人におすすめ