日経メディカルのロゴ画像

私の処方◎原田晋氏(はらだ皮膚科クリニック)
H2ブロッカーの追加が有効、安易なステロイド投与は禁物
難治性慢性蕁麻疹に対する処方

2013/11/25

 症例は、蕁麻疹のため半年ほど近医に通院していた40歳男性である。抗ヒスタミン薬であるアレグラ(一般名フェキソフェナジン)と、ステロイド配合薬のセレスタミン配合錠を処方されていたが、症状が改善せず当院を受診した。私はセレスタミンをH2ブロッカー、ここではプロテカジンラフチジン)に切り替え、様子を見ることにした(【変更前】)。2週間後、症状は軽快したがまだ多少現れるため、シングレアモンテルカスト)を追加処方したところ(【変更後】)、膨疹は消退した。

この記事を読んでいる人におすすめ