日経メディカルのロゴ画像

トレンドビュー◎完全胸腔鏡下肺静脈隔離術
心房細動に“切らない”手術
左心耳切除で抗凝固療法からの離脱も

完全胸腔鏡下での心房細動手術を手がける都立多摩総合医療センター心臓血管外科の大塚俊哉氏。

 「従来からある心房細動の外科手術は、根治的だが高侵襲だった。それを完全胸腔鏡下で行うことで、大幅に低侵襲化し、適応が格段に広がった。実際、薬物治療やカテーテルアブレーションと天秤にかけて、この手術を選ぶ患者も多い」。こう語るのは、都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長の大塚俊哉氏だ。大塚氏は、孤発性心房細動患者135例に対し、2007年から完全胸腔鏡下での手術を実施してきた。

この記事を読んでいる人におすすめ