日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル臨時増刊 2012年冬号 スペシャルリポート転載
肺高血圧症診療の最前線
多剤併用で進行阻止、血栓閉塞には血管内治療

 何らかの原因で肺動脈圧が異常上昇を来す肺高血圧症。進行性の不治の病と恐れられてきたが、近年治療薬や血管内治療が開発され、進行を阻止できる可能性が出てきた。どんな治療が奏効するのか、早期診断の鍵は何か――。肺高血圧症診療の最前線に迫った。


この記事を読んでいる人におすすめ