日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2012年10月号「トレンドビュー」(転載)
腸閉塞はステントで解消
成功率は9割以上、人工肛門の造設回避に威力

 消化管の閉塞を迅速に解消する手技として、ステント留置術が普及し始めている。従来の胆管・食道・胃十二指腸用に加え、大腸ステントが今年1月に発売され、緊急手術や人工肛門造設を回避できるようになった。


この記事を読んでいる人におすすめ