日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2012年5月号「トレンドビュー」(転載)
内臓出血にカテ治療が威力
骨盤骨折など外傷に伴う動脈出血を早期に止血

 外傷による大量出血は凝固障害を生じやすく、早期に止血できるかどうかが患者の生死を分ける。カテーテルで塞栓物質を流し込んで止血する血管内治療が、外傷診療で威力を発揮し始めている。


この記事を読んでいる人におすすめ