日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2011年10月号「トレンドビュー」(転載)
溶連菌感染の劇症例が増加
ペニシリン系やカルバペネム系の薬剤が有効

 搬送から数時間でショック状態となり、多臓器不全に陥る劇症型溶血性レンサ球菌感染症。高齢者人口の増加と相まって、症例数が増えてきている。発症者の70%に基礎疾患があることも分かってきた。


この記事を読んでいる人におすすめ