日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル特別編集版転載
慢性下痢の陰にcollagenous colitis
認知度の高まりで報告数が増加

 慢性の水様性下痢の原因としてcollagenous colitisが注目されている。日本では、ランソプラゾールNSAIDsアスピリンなどを併用している患者での報告が多い。水様性の下痢が続く患者に対しては、服用薬をチェックし、疑わしい薬剤を中止してみるなどの工夫を行いたい。


この記事を読んでいる人におすすめ