日経メディカルのロゴ画像

双胎間輸血症候群などに対する4技術が先進医療として実施中
徐々に普及してきた胎児治療

 超音波検査の普及により、胎児の疾患が早期に確実に診断できるようになってきた。しかし、診断できても積極的な治療ができないというジレンマが存在する。このジレンマを解消すべく、いくつかの疾患に対する胎児治療先進医療の枠組みの中で実施され、成果を上げ始めている。その現状を紹介する。


この記事を読んでいる人におすすめ