日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2009年11月号「トレンドビュー」(転載)
どうする新型インフル重症例
入院例の8割は14歳以下、小児の医療体制が鍵

 新型インフルエンザの流行が拡大している。大都市部の3次救急病院は発熱患者への対応に追われ、重症例の受け入れ機能が不安視されている。問題解決には重症度に応じた施設間の機能分担が欠かせない。


この記事を読んでいる人におすすめ