日経メディカルのロゴ画像

注意すべきは小さな膿瘍様病変、抗菌薬で治癒の可能性も
ビスホスホネートによる顎骨壊死を極初期に拾い上げる

 ビスホスホネート製剤(BP製剤)の副作用の一つである、顎骨壊死。これまで早期発見することは困難で、骨露出などの症状が出てからの予後は非常に悪かった。

 しかし、顎骨の露出や壊死の前に顎骨骨髄炎の症状が現われ、その時期に抗菌薬の経口投与を長期間行えば、症状を寛解または治癒できる可能性があるという。静岡県立静岡がんセンター口腔外科部長の大田洋二郎氏が、10月30日~11月1日に開催された第46回日本癌治療学会総会のポスターセッションで報告した。

 BP製剤は骨粗鬆症や、乳癌、多発性骨髄腫などの治療に用いられている。ここ数年、日本でも副作用として顎骨壊死が起こるという報告が相次ぎ、2006年には該当製剤の添付文書改訂も行われている。だが、その発症機序や臨床経過は詳しく分かっていない。

 大田氏は、BP製剤による顎骨壊死と見られる症例を5例提示しながら、顎骨壊死の臨床経過とともに、抗菌薬による治療の可能性を示した。ここではそのうち2例を紹介する。

 1つ目の症例は、85歳の多発性骨髄腫の患者。2006年7月にBP製剤を投与開始した。翌2007年2月から右下顎歯肉の疼痛を自覚しており、4月に大田氏のもとを紹介受診。そのとき、小さい複数の膿瘍様病変が確認できた(写真1)。

 そこで、BP製剤を継続したままアモキシシリンを750mg分3、7日間投与を行ったところ、一時的に炎症が軽減し、膿瘍が消失した。だが、6月には膿瘍が再度出現し、下顎骨骨髄炎の診断が下された。そこで7月からクリンダマイシン600mg分4の長期投与を開始したところ、膿瘍は寛解したが、骨の露出は続いている(写真2)。

この記事を読んでいる人におすすめ