日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル12月号特集連動企画◆癌診療はここまで進んだ Vol.3】
胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がる

 胃癌の領域で今話題となっているのが、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic Submucosal Dissection)だ。この手技の登場により、低侵襲を最大の特徴とする鏡視下手術の適応拡大の動きが始まっている。

 ESDとは、内視鏡下で腫瘍の周りを囲むように粘膜下層まで切開し、一括してはがし取る日本発の技術だ(下写真)。ESDの先駆者の1人である静岡県立静岡がんセンター内視鏡科部長の小野裕之氏は、「まだこの方法を広く行っているのは、日本と韓国くらいでしょう」と胸を張る。

この記事を読んでいる人におすすめ