日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル12月号特集連動企画◆癌診療はここまで進んだ Vol.2】
乳癌―普及する乳房温存術、QOLも大きく向上

 固形癌の中では最も治療の個別化が進んでいるといわれる乳癌。早期(ステージ1~3A)では、手術が治療の第1選択だが、広範な切除は乳房の喪失感に直結する。最近では、手術に薬物治療、放射線治療を組み合わせることで、治療成績の向上ばかりでなく、いかに女性としての美容面やQOLを保つか、といった観点からも進歩してきた。

 その代表が、1990年代から徐々に普及してきた乳房温存術だ。乳房温存術とは、腫瘍のある一部分だけを切除して乳房を温存する術式。従来は乳房全体を切除する乳房切除術が基本だったが、温存術と術後の放射線治療を組み合わせれば、乳房切除術と比べて生存率や局所制御率に差がないことが明らかとなり、国内ではここ数年でやっと主流になった(下図)。

この記事を読んでいる人におすすめ