日経メディカルのロゴ画像

【日経ヘルスケア7月号特集連動企画◆開業医100人調査】
開業準備で苦労したのは「物件探し」と「職員採用」

日経ヘルスケア7月号の特集2は「新規開業 こんな時どうする?」。7月号の詳しい内容はこちらからご覧ください。

 開業準備で苦労したのは「物件探し」「職員採用」「資金調達」――。日経ヘルスケアと日経メディカル オンラインが開業医100人を対象に実施した調査で、開業時に特に苦労したこととして、これらの3つが上位に挙がった(図1)。

 調査は2007年6月に、日経メディカル オンライン上で調査協力者を募集して実施。100人の開業医から回答を得た。回答者は、30歳代が34%、40歳代が55%、50歳代が9%、無回答が2%。開業時期は、2005年以降が39%、2000年から2004年が26%、1995年から99年が22%、94年以前が12%、無回答が1%だった。また、回答者の主たる標榜科目は、内科が53%と最も多く、整形外科・外科が12%、小児科が9%、眼科が7%と続いた。

 ここでは、調査結果の概要と、自由意見欄に書かれた先輩開業医からのアドバイスを紹介する。

 

この記事を読んでいる人におすすめ