日経メディカルのロゴ画像

進化する内痔核治療に警鐘
「低侵襲=簡単」は誤り

「低侵襲だからといって、術者にとって簡単な治療法というわけではない」と指摘する社会保険中央総合病院の佐原力三郎氏。

 「切らずに治せる」「術後に痛みがない」「日帰りでできる」--。近年、このような低侵襲さをウリにした内痔核の治療法が次々登場した。それをマスコミが大きく紹介したこともあり、患者にとって医療機関受診の敷居は低くなりつつある。

 だが、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)大腸肛門病センターのセンター長を務める佐原力三郎氏は、「低侵襲だからといって、術者にとって簡単な治療法というわけではない」と指摘し、肛門診療に精通した医師が施行することの重要性を説く。さらに、低侵襲化に伴い患者に安易に治療を勧める医師がいることに苦言も呈する。

求められる高度なテクニック
 現在、内痔核治療で「低侵襲」といわれるものには、脱出した痔核に薬剤を局注する硬化療法、専用器具で直腸粘膜を全周切除し痔核を体腔側に引き上げるPPH(Procedure for Prolapse and Hemorrhoids)、レーザー治療などがある(表1)。

この記事を読んでいる人におすすめ