日経メディカルのロゴ画像

【日経メディカル Cadetto 連動企画Vol.1】
「U35」の若手医師の年収はいくら?

図1 年収に対する満足度(大学・市中病院別)

 初期研修医は500万円以下が大半、10年目では1000万円以上が約7割--。日経メディカル Cadettoが35歳以下(U35)の若手医師年収を調査したところ、こんな実態が明らかになった。従来から、「大学病院の勤務医の方が、市中病院勤務医と比べて年収は低く、その多くがアルバイトに依存している」といった指摘は多かったが、今回の調査でその実態が改めて裏付けられた。

 この調査は若手医師の勤務状況や年収を調べるために、2006年8月17日~9月7日に35歳以下の医師5000人を対象に実施。407人から有効回答が得られた。11月20日発行の『日経メディカル Cadetto』ではこの調査を基に、現場の若手医師の取材を交えて「あなたの給与明細みせてください」という特集を企画した。当サイトでは、この調査の詳細結果を連載する。計7回の連載で、そのうちvol.1~vol.3では給与関係の記事をまとめる。

この記事を読んでいる人におすすめ