日経メディカルのロゴ画像

持続型インスリン対決、その結果は?
効果の持続性、使い勝手ではグラルギンがやや優勢か

図1 グラルギンとデテミルは作用時間に相違

 「インスリングラルギンデテミル、どっちがいい?」

 糖尿病治療にかかわる医師は、近いうちにこのような疑問を抱くはずだ。なぜなら、持続型インスリンであるインスリンデテミルが来年にも承認されると予測されており、先行して販売されているインスリングラルギンと競合するようになるからだ。

(注:グラルギンについては2004年から注射器の改良のために新規患者への処方が見合わされていたが、来年には新しい注射器の導入とともに処方が再開できるようになると期待されている)

この記事を読んでいる人におすすめ