日経メディカルのロゴ画像

唐澤新会長、武見、西島議員を支援
日医総研を再生・活性化へ

所信表明演説をする日医新会長の唐澤祥人氏

 自由民主党の政治家が選挙戦に登場した今回の日本医師会会長選挙。当選から一夜明けた4月2日、新会長に選出された唐澤祥人氏は、改めて武見敬三、西島英利参議院議員を支援する姿勢を明確にし、両氏には「自らの選出された政治基盤をしっかりと理解し、活躍してもらう」と語った。

 2日に開かれた日本医師会第114回定例代議員会では、各地方ブロックから新執行部に対する代表質問が行われた。この中で中国・四国ブロック代表の碓井静照氏は「武見敬三、西島英利参議院議員が今回の会長選挙に際し、日医の取ってきた政策について批判をする発言をしたことは、いかがなものかと思う。両氏に対する今後の対応をお聞きしたい」と質問した。

 これに対し、唐澤氏は「今後とも国民医療をしっかりとしたものにしていくために、2人が自らの政治理念に基づいて、自らの選出された政治基盤をしっかりと理解し、活躍してもらうことが大切だ」と回答し、改めて支援の姿勢を明らかにした。

この記事を読んでいる人におすすめ