日経メディカルのロゴ画像

「考える会」副座長のがん研究会有明病院名誉院長・山口俊晴氏に聞く
コロナ禍こそ医療者はがん医療に対する発想の転換を
「がん患者本位のエンゲージメントを考える会」が目指したもの

 これからのがん医療やがん患者が抱える課題や生き方などについて議論してきた「『がん患者本位のエンゲージメント』を考える会」(座長:武藤徹一郎・がん研究会有明病院名誉院長)の最終報告書がこのほど出版された。報告書に込めた思いやコロナ禍でのがん診療の課題などについて、同会の副座長を務めたがん研究会有明病院名誉院長の山口俊晴氏に聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ