日経メディカルのロゴ画像

上告目指す弁護団「判決に影響を及ぼすべき重大な事実の誤認がある」
準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医弁護団の主張
弁護団の上野格氏(上野廣元法律事務所)に聞く

 2020年7月13日、準強制わいせつ罪に問われ、一審で無罪判決となっていた柳原病院(東京都足立区)の非常勤外科医に対する控訴審判決で、東京高裁は一審無罪判決を破棄、懲役2年を言い渡した(関連記事:「準強制わいせつ罪に問われた外科医、逆転有罪に」)。本件は、右乳腺腫瘍摘出手術を受けた女性患者A氏が、担当医師に術後診察時に左乳首をなめるなどのわいせつ行為を受けたと訴えたもの。日経メディカルでは、上告の準備を進める弁護団に話を聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ