横浜市立大学は2020年4月、同大大学院にデータサイエンス研究科を開設する予定としている。2018年4月に開設したデータサイエンス学部に続き、大学院も設置することとなった。データサイエンス人材の育成は多くの大学が取り組み始めているが、横浜市立大学の特徴の1つは医療や介護分野のデータサイエンスに特化した「ヘルスデータサイエンス専攻」を開設すること。データサイエンス研究科長でヘルスデータサイエンス専攻長の山中竹春氏に、ヘルスデータサイエンス専攻を開設する経緯や狙いを聞いた。

医療介護に特化したデータ人材を育てたいの画像

ログインして全文を読む