英国の診療所で約12年間にわたり総合診療医General practitioner)として活躍し、現在は日本の病院の総合診療科に所属する佐々江龍一郎氏。薬剤の使用指針を定めた「フォーミュラリー」や種々のガイドラインによって、徹底的な効率化が図られているという英国の医療システムや、そこから浮かび上がる日本の医療提供体制の課題について聞いた(文中敬称略)。

「念のため処方」を断つ英国のフォーミュラリーの画像

ログインして全文を読む