厚生労働省は、6月14日、「高齢者の医薬品適正使用の指針(各論編(療養環境別))」を周知する通知を、都道府県などに発出した。これは、ポリファーマシー(多剤併用)対策を求めるものとして、2018年5月に発表された「高齢者医薬品適正使用の指針(総論編)」(関連記事:厚労省が高齢者の医薬品適正使用で通知)を補完するもので、療養環境別に、高齢者の薬物療法の注意点がまとめられている。同指針を取りまとめた高齢者医薬品適正使用検討会の座長代理を務めた東京大学老年病学分野教授の秋下雅弘氏に、同指針のポイントを聞いた(文中敬称略)。

高齢者では「今の状態」に合わせた薬剤調整をの画像

ログインして全文を読む