日本産科婦人科学会は2019年6月22日、母体血を用いた出生前遺伝学的検査NIPT)に関する新たな指針を理事会で承認した。これは今年3月、案についての意見公募を行った上でとりまとめが進められていたものだ。

新型出生前診断の拡充で妊婦のニーズに応えたいの画像

ログインして全文を読む