丸山衆議院議員が適応障害の診断を受け2カ月間の休養をする、ということが物議を醸しています。この件は、これに伴う世間の様々な意見を含めて、精神医療、また医療全体における種々の問題点を論じることができる非常に示唆に富む案件です。

「渦中の国会議員が適応障害」はいけないことかの画像

ログインして全文を読む