かつてガリレオ・ガリレイもメンバーだったというローマ教皇が主宰する科学アカデミー。その後、生命科学の発展と共に新たに設置された「バチカン生命アカデミー」のメンバーとして、日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏が2017年10月に選出された。「バチカン生命アカデミー」とは何か、そして会議に出席したことで感じた日本の終末期医療のあり方について山下氏に聞いた(以下、敬称略)。

終末期、患者に選択肢を提示するのはタブーの画像

ログインして全文を読む