横浜市は、市医師会の協力の下、このたび「もしも手帳」という事前指示書を作成した。2019年1月下旬から5万部を市民に配布開始する計画だ。市民に、人生の最終段階における医療・ケアを考えるきっかけとしてもらうことが目的だ。この手帳を作成した経緯や手帳の内容について、横浜市医師会常任理事の赤羽重樹氏に聞いた(以下、敬称略)。

横浜市が事前指示書「もしも手帳」を作ったワケの画像

ログインして全文を読む