日本呼吸器学会は現在、「咳嗽に関するガイドライン第2版」を改訂し、『咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019』の作成作業を進めている。新規ガイドラインの大きな特徴は、咳嗽と密接な関係を持つ喀痰も一緒に取り挙げている点で、喀痰に関するガイドラインは世界で初めてとなる。ガイドライン作成副委員長で、喀痰パートの責任者である横浜市立大学呼吸器病学主任教授の金子猛氏に、新ガイドラインのポイントを聞いた(文中敬称略)。

世界初の喀痰に関するガイドライン登場への画像

ログインして全文を読む