日経メディカルのロゴ画像

なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り込んだか
ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く

 2017年4月末、日本呼吸器学会は成人肺炎診療ガイドライン2017を刊行した(関連記事)。このガイドラインの最大のポイントは、繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎などに対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込んだ。なぜこうした倫理的な観点が最善の治療を記述するガイドラインに盛り込まれたのだろうか。その背景を、ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授/医学部附属病院感染制御部部長の朝野和典氏に聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ