医療に人工知能(AI)を利用する研究・開発が盛んになっている。AIはデータを学習し、自らの判断基準を作り出す。そのため、有効なAIを創り出すには、質の高い大量な学習用素材が必要となる。医療用のAIにとって膨大な蓄積がある電子カルテデータも学習用素材の1つと期待されているが、「施設基準範囲」と呼ばれる患者の検査値は施設間で比較可能なのだろうか。浜松医科大学臨床検査医学講座教授で、日本臨床検査医学会の標準化担当理事を務める前川真人氏に医療データにおける検査値の標準化の現状と医療におけるAIの応用について聞いた。

診察でのΔチェックはAIの得意領域の画像

ログインして全文を読む