2010年度(今年夏のマッチング)から、医師臨床研修制度が再度改定される。今年4月まで後期研修医という立場ながら聖路加国際病院(東京都中央区)で後期研修制度のあり方を検討する立場にあった堀之内秀仁氏(国立がんセンター中央病院〔東京都中央区〕、呼吸器内科兼通院治療センター)に、今回の制度変更がもたらす影響について話を聞いた。(聞き手:山崎大作)

これからが本当の研修プログラム

ログインして全文を読む