日経メディカルのロゴ画像

朝日新聞「臨床試験中の癌治療ワクチン」記事(2010年10月15日)に見られる事実の歪曲について
清木元治(東大医科学研究所所長・教授)

2010/10/21

 2010年10月15日付朝日新聞の1面トップに、「『患者が出血』伝えず 東大医科研、提供先に」(東京版)との見出しで、当研究所で開発した「癌ワクチン」に関して附属病院で行った臨床試験実施中の2008年にすい臓癌の患者さんに起きた消化管出血について、「『重篤な有害事象』と院内で報告されたのに、医科研が同種のペプチドを提供する他の病院に知らせていなかったことがわかった」と野呂雅之論説委員、出河雅彦編集委員の名前で書かれています。また、関連記事が同日39面にも掲載されています(その他には、同夕刊12頁、16日社説、36面)。

 特に15日付朝刊トップの記事は、分かりにくい記事である上に、基本的な事実誤認があり、関係者の発言などを部分的に引用することにより事実が巧妙に歪曲されていると感じざるをえません。分かりにくい記事の内容を補足する形で、更なる解説を出河編集委員が書いているという複雑な構図の記事です。

 この構図を見ると、記事の大部分を占める医科学研究所の臨床試験に関するところでは、何らかの法令や指針の違反、人的被害があったとは述べられていないので、記事は解説部分にある出河編集委員の主張を書くための話題として、医科学研究所を利用しているだけのように思えます。しかし、一般の読者には、「医科学研究所の癌ワクチンによる副作用で出血があるようだ。にもかかわらず、医科学研究所はそのことを報告していない。医療倫理上問題がある」と思わせるに十分な見出しです。

 なぜこのような記事を書くのかの理由は分かりませんが、実に巧妙な仕掛けで癌ワクチンおよび関連する臨床試験つぶしを意図しているとしか思えません。これまで朝日新聞の野呂論説委員、出河編集委員連名の取材に対して医科学研究所が真摯に情報を提供したことに対する裏切り行為と感じざるをえません。「事実誤認」関連は医科研HPに掲載しますが、以下のような「取材意図/取材姿勢」にも問題があると考えますのでので、これから述べたいと思います。

その1:前提を無視して構図を変える記事づくり
 記事の中では、ワクチン投与による消化管出血が重大な副作用であるとの印象を与えることを意図して、医科学研究所が提供した情報から記事に載せる事実関係の取捨選択がなされています。

 まず、医科学研究所は朝日新聞社からの取材に対して、「今回のような出血は末期のすい臓癌の場合にはその経過の中で自然に起こりうること」だと繰り返し説明してきました。それと関連して、和歌山県立医大で以前に、類似の出血について報告があったことも取材への対応の中で述べています。

 これらは、今回の出血がワクチン投与とは関係なく原疾患の経過の中で起こりうる事象であることを読者が理解するためには必須の情報です。しかし、今回の記事では全く無視されています。この情報を提供しない限り、出血がワクチン投与による重大な副作用であると読者は誤解しますし、そのように読者に思わせることにより、「それほど重要なことを医科学研究所は他施設に伝えていない」と批判させる根拠を意図的に作っているという印象を与えざるを得ません。

 事実、今回の記事では「消化管出血例を他施設に伝えていなかった」ということが最も重要な争点として描かれています。厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」では報告義務がないかもしれないが、報告するのが研究者の良心だろうというのが朝日新聞社の主張です(16日3頁社説)。そのためには、今回の出血が「通常ではありえない重大な副作用があった」と読者に誤解させることが不可欠であったと思われます。このことは「他施設の研究者」なる人物による「患者に知らせるべき情報だ」とのコメントによってもサポートされています。進行性すい臓癌患者の消化管出血のリスクは、本来はワクチン投与にかかわらず主治医から説明されるべきことです。取材過程で得た様々な情報から、出河編集委員にとって都合のよいコメントを選んで載せたといわざるを得ません。

この記事を読んでいる人におすすめ