日経メディカルのロゴ画像

8.20大野病院事件、無罪判決について思うこと
洞ノ口佳充(庄和中央病院副院長、地域医療懇談会代表・医療制度研究会会員)

2008/11/27

ほらのぐち よしみつ氏○1984年金沢大医学部卒業。獨協医大越谷病院外科助手、庄和中央病院 外科・副院長を経て現職。

1) 無罪判決、加藤先生ご苦労様。やった、多くの医師たちの声が届いた。

 8月20日、福島地裁は、2004年帝王切開手術での妊婦死亡事件に関する、業務上過失致死医師法21条違反容疑で起訴されていた加藤医師に無罪判決を下した。そして、その後、検察は、控訴を断念した。県は、後日、加藤医師の復職を決定した。

 この無罪判決は、全く当然の結果である、と私は考える。

 20日は、平日にもかからず、福島地裁前に多くの若手医師たちが貴重な休暇をとり、集まって判決を見守った。かつて、これほど多くの医師たちが一つの課題の下に現地に集まったことがあっただろうか。25枚の傍聴券を求めて788人が列をなしたのだった。

 たしかに、この裁判をめぐっては多くの学会の声明が出されてはいた。しかし、最初にこの裁判のおかしさを取り上げ、インターネットを通じて情報を広め、支援の会を立ち上げながら実際に行動したのは、医療現場の第一線で働く若手医師たちだった。地裁前に集まった医師たちであった。彼らの取り組みを先頭として、声は医療界全体に広がっていった。この力こそが、まちがいなく無罪判決を後押ししたのである。

 「この裁判が、5年前のように、医師たちの声が上がらない状況でだったら、判決は今回と同じにはならなかったと思う。「前田雅英氏(刑法学者の第一人者、事故調・制度創設検討会座長)が言う、『判決は国民の規範意識が反映する』、というのは今回のことです。」(井上清成弁護士)とも言われているのである。

 医師たちは、このとりくみをとおして、無罪判決とともに自分たちの行動の手ごたえを、しっかりと掴んだのだ。

2) 「無罪判決でよかった」、で済まされるだろうか

 そして、検察が控訴を断念せざるを得なかったのは、この裁判自体はもちろんのこと、その逮捕、勾留、起訴にいたるまで全くでたらめなものであり、公判を維持することなどできないと判断したからだと思う。

 この点を考えると、無罪になったから、控訴されなかったからよし、で済む問題ではないのである。逮捕した警察官、拘留を続けた検察官は「特別公務員職権乱用罪」(刑法194条)に当たるとして、刑事告発すべきだという声(木ノ元弁護士)もあるのである。

 そもそもこの事件は、加藤医師個人が裁かれるような問題ではなかったのである。県立大野病院の管理責任者、病院職員の雇用主である県病院局、そして現場に犠牲を強いてきた政府の医療構造改革、これらの責任こそが問われるべきである、と私は考える。

 さらに、裁判後に、舛添厚労大臣は「だからこそ、第三者機関が必要」などと、言っている。これは、自らの責任を棚に上げ、強引に第三者機関の設置を図るものであり、許されるものではない。

この記事を読んでいる人におすすめ