日経メディカルのロゴ画像

あなたを診る医師がいなくなる!
過重労働の医師を病院は守れるのか
中原のり子(小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会)

2008/06/26

なかはら のりこ氏

 1999年8月16日の朝、小児科医だった夫の中原利郎は真新しい白衣に着替えて、勤めていた病院の屋上から身を投げました。享年44歳でした。亡くなる6ヶ月前には、6人いた医師が3人に減ったこともあって、月に8回当直し完全な休日は2日といったような働き方をしていました。管理職になって採算のことも考えねばならず、精神的にも肉体的にも疲れきった様子でした。

 夫は、「命を削りながら当直をしている」とか「部長会議は、地獄のように辛い」とこぼしていました。亡くなる2~3ヶ月前には「病院に殺される」と言うようにもなっていました。そんな夫の働き方を、東京地裁は昨年3月、過重労働であると認め、国に不支給決定を取り消すよう命じる判決を言い渡しました。国は控訴せず、勝訴が確定しました。

この記事を読んでいる人におすすめ