日経メディカルのロゴ画像

第2章●肺感染症治療について
「細菌性と非定型は鑑別可能」が基本姿勢
<議論テーマ>市中肺炎、重症肺炎、院内発症肺炎、肺膿瘍など

2008/03/27
大曲 貴夫=静岡がんセンター感染症科

第2章のスタンスは、「細菌性の肺炎とそれ以外の肺炎は鑑別できる場合が多いので、起炎菌が絞れる場合はそれに応じた治療法を取る」というものです。しかし、「細菌性か非細菌性かを問わず、どちらにでも対応できる治療法を選択するべき」という考え方も、当然ながらあります。こういった「根本的な考え方」について、まずは討論のポイントになると思います。

この記事を読んでいる人におすすめ