日経メディカルのロゴ画像

血清ニューロフィラメント軽鎖は新型コロナ入院患者の転帰と関連
Science Translational Medicine誌から

2021/07/12
平山幹生(春日井市総合保健医療センター参事)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の脳画像を検討すると、マクロおよびミクロの出血性病変、多巣性の白質の高信号域、後部可逆性白質脳症(posterior reversible leukoencephalopathy)に一致する病変の証拠が示されている。頭痛や脳症、発作などの神経学的症状を示すケースも少なくないが、多くの場合、画像上異常が認められない。また、画像評価は選択バイアスの影響を受けやすく、前向きに研究を行うことは難しい。

この記事を読んでいる人におすすめ