日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
コルヒチンは心筋梗塞後の心血管リスクを減少
心筋梗塞で冠動脈再建術を受けた患者を中央値で22.6カ月追跡した研究

コルヒチンは心筋梗塞後の心血管リスクを減少の画像

 カナダMontreal Heart InstituteのJean-Claude Tardif氏らは、心筋梗塞発症から30日以内の患者を対象にコルヒチンを投与し、その後の心血管イベント再発に対する影響をプラセボと比較するランダム化比較試験COLCOTを行い、コルヒチンは虚血性心血管イベントのリスクを有意に低下させたと報告した。結果はNEJM誌2019年12月26日号に掲載された。

 アテローム性動脈硬化とその合併症に、炎症が役割を果たすことが知られている。コルヒチンはチューブリンの重合と微小管の形成を阻害するため、細胞接着や炎症性サイトカイン、インフラマソームなどに影響を与え、強力な抗炎症作用を示す。現在は通風、家族性地中海熱、心膜炎の治療に用いられている。

 低用量コルヒチンを安定冠疾患患者に用いたLoFoCo試験では、コルヒチン投与群に心血管イベントは少なかったが、この試験の患者数は532人と少なく、プラセボ対照試験ではなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ