日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
手術リスクの低い大動脈弁狭窄でもTAVRが有望
STS-PROMスコアが4%未満の患者を対象に手術とTAVRを比較した臨床試験

手術リスクの低い大動脈弁狭窄でもTAVRが有望の画像

 米国Baylor Scott and White HealthのMichael J. Mack氏らは、重症の大動脈弁狭窄症だが、外科手術による死亡リスクは低い患者を対象に、バルーン拡張型人工弁(SAPIEN3)を用いる経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)、または外科的弁置換術に割り付けたランダム化対照試験PARTNER3を行い、総死亡、脳卒中、再入院からなる複合イベント1年間の発生率は、TAVR群の方が有意に低かったと報告した。結果は、NEJM誌電子版に2019年3月16日に掲載された。

 大動脈弁狭窄症で外科手術による死亡リスクが高い患者に対しては、外科的大動脈弁置換術を含む標準治療に比べ、TAVRの成績が劣らないか優れていることを示す臨床試験が報告されている。しかし、手術死亡リスクが低い大動脈弁狭窄患者については、TAVRと手術の治療成績を比較したエビデンスがなかった。そこで著者らは、低リスク患者を対象にこれらの有効性と安全性を比較するランダム化対照試験PARTNER3を計画した。

 組み入れ対象は、高度に石灰化した大動脈弁狭窄がある患者で、Society of Thoracic Surgeons Predicted Risk of Mortality score(STS-PROMスコア;0~100%で高スコ

この記事を読んでいる人におすすめ