米国Centers for Disease Control and Prevention(CDC)のSamuel J. Crowe氏らのチームは、2015年12月21日~2016年9月5日に米国の24州で発生した56件の志賀毒素産生性大腸菌(STEC)感染症の調査を進め、O121とO26のアウトブレイクの原因は、米国のメーカーが市販した小麦粉だったと報告した。詳細はNEJM誌2017年11月23日後に掲載された。

米国のO121大腸菌感染の原因は小麦粉だったの画像

ログインして全文を読む