南アフリカでは、超多剤耐性(XDR)結核の患者が2002年以降大きく増加した。米国Emory大学のN. Sarita Shah氏らは、XDR結核患者の増加の理由が、多剤耐性(MDR)結核に対する不適切な治療から耐性を獲得したのか、あるいはXDR結核の伝播が多いのかを調べるために、南アフリカで前向き研究を行った。得られた結果は、XDR結核の伝播が患者数の増加に寄与していることを示唆した。詳細は、NEJM誌2017年1月19日号に掲載された。

超多剤耐性結核は主に伝播により拡大するの画像

ログインして全文を読む