人工授精の歴史を開いた英国で、2016年12月15日、ヒト受精・胚研究許可庁(Human Fertilisation and Embryology Authority:HFEA)が、特別な場合に限って、ミトコンドリア提供(mitochondrial donation)を含む体外授精(IVF)の適用を許可した。英Wellcome Centre for Mitochondrial ResearchのMary Herbert氏らは、ミトコンドリア移植の現状をNEJM誌2016年12月28日号のCLINICAL IMPLICATIONS OF BASIC RESEARCHに投稿した。

ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか?の画像

ログインして全文を読む