遺伝的な要因とライフスタイルは、どちらも冠動脈疾患のリスクに影響を与えるが、遺伝的なリスクが高い人が、健康なライフスタイルを継続すれば、遺伝的リスクを相殺できるのかどうかは明らかではなかった。米Massachusetts総合病院のAmit V. Khera氏らは、3つのコホート研究と1つの横断研究に参加した人を対象に、遺伝的リスクとライフスタイルが冠疾患に及ぼす影響を調べて、健康的なライフスタイルの重要性を報告した。結果は、NEJM誌電子版に2016年11月13日に掲載された。

遺伝的冠疾患リスクは生活習慣で修正可能の画像

ログインして全文を読む